しきな鼻クリニック千里

しきな鼻クリニック千里

MENU
WEB予約
WEB問診

鼻(はな)を中心に、はな・みみ・のど
の診療を行います

5月8日(金)新規開院。地下鉄御堂筋線・北大阪急行「千里中央駅」北改札口すぐ

NEWS

当院からのお知らせ

  • 休診・診療時間変更

    2020.08.01 夏季休暇と8/12(水)臨時診療のおしらせ

    8月7日(金)~8月15日(土)まで夏季休暇のため休診とさせていただきます。
    また、8月12日(水)午前診を夏季休暇期間の臨時開院日とし、診療を行います。
    8月17日(月)からは通常通りの診察となります。

  • クリニックから

    2020.07.03 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査を始めました

    睡眠時無呼吸の簡易検査
    写真提供:株式会社フィリップス・ジャパン

    睡眠時無呼吸の特徴は大きないびきです。舌の落ち込みなどにより気道が狭くなります。さらに呼吸がとまってしまうと、血液中の酸素が不足してしまいます。睡眠の質が悪化するため、日中の眠気の原因となり、交通事故を引き起こす原因ともなります。さらに近年は、高血圧、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、脳卒中など様々な病気との関連が明らかになり、発症の原因となっている他、治療しても改善しない原因にもなっていることがわかってきています。

    当院で導入したウォッチパットは、これまでの検査機器では必要だった鼻に取り付けたり、胸部に巻きつけて装着する装置がないため、検査時の負担が軽くなっています。更に、これまでの簡易検査では得られなかった睡眠の深さ(浅い睡眠、深い睡眠、REM睡眠)についての情報も得られるため、より正確な診断につながります。

    SASの治療としては、持続的陽圧療法装置を使ったCPAP治療が行われます。しかし、約3割の患者さんは、CPAPを使用しても改善できません。その主な原因は、鼻中隔湾曲症などが原因の鼻づまりであり、息苦しさのためCPAPのマスクが装着困難となってしまうことが判明しています。睡眠時無呼吸の治療を行う際には、鼻腔通気度検査を行うことを当院ではお勧めしています。

    睡眠時無呼吸症候群について詳しく知りたい方は、無呼吸ラボをご参照ください。

    無呼吸ラボの診療施設一覧に当院も掲載されています

  • 休診・診療時間変更

    2020.07.23 7月31日(金)午後診が休診となります

    7月31日(金)は、院長出張(手術執刀)のため、午後診を休診とさせていただきます。

    午前診は通常通り行います。

    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 休診・診療時間変更

    2020.07.15 7月27日(月)午後診の開始時間が16:30となります

    7月27日(月)は、豊中市医師会の業務のため、午後診の開始時間を16:30といたします。

    変更後の午後診の診療時間は、16:30-18:00となります。

    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 休診・診療時間変更

    2020.06.29 7月10日(金)午後診が休診となります

    7月10日(金)は、院長出張(手術執刀)のため、午後診を休診とさせていただきます。

    午前診は通常通り行います。

    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

GREETING

ご挨拶

院長 識名 崇

この度、大阪千里に鼻の診療を中心とした「しきな鼻クリニック千里」を開院させていただくことになりました。

私は、大阪大学を卒業後21年間、大阪大学、留学及び関連病院での勤務を通して、一貫して鼻・副鼻腔、免疫アレルギー領域の研究や診療を行ってまいりました。その間、鼻副鼻腔内視鏡手術を数多く執刀し、手術研修会の講師などを務めさせていただきました。また、指定難病である好酸球性副鼻腔炎や、遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)の治療にも取り組んできました。

近年、耳鼻咽喉科・頭頸部外科とも呼ばれる耳鼻咽喉科領域では、「聴こえ」に関わる耳や、のどや頸部の「がん」の診療と比べると、「鼻」の専門家は非常に少ないのが現状です。実際、標準的な嗅覚検査である、基準嗅力検査の普及率はとても低く、大病院でも受けられないことも珍しくありません。当院では、鼻の専門家が、鼻の診療に特化し、充実した検査体制と正確な診断を元に、内服治療から手術に至るまでの幅広い治療を提供します。

しきな鼻クリニック千里 院長 識名 崇

医師紹介のページを見る

CHARACTER

特徴

鼻の専門クリニックとして専門検査にも対応し、鼻や副鼻腔の疾患の正確な診断・治療を行います

アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎、嗅覚障害に対して内服から手術まで幅広い治療を提供

新型コロナに対応し、予約制による「並ばない」診療を目指します。(初診の方もご予約いただくと時間通りに診察いただけます。当日予約も可能です。)

アレルギー性鼻炎に対する日帰り手術(コブレーター手術)を行います。鼻出血の止血にも自信があります。

好酸球性副鼻腔炎やオスラー病など難病の診断や認定、日帰りから短期入院手術にも対応