新着情報

2021.10.25

インフルエンザワクチン予約を停止しています!

いつもご覧いただきありがとうございます。
先日、インフルエンザワクチン予約を開始致しましたが、すぐに当院入荷分に達しました。
次回のワクチン入荷があるまで一旦予約を停止しています。
11月には追加の供給がある見込みです。しきな鼻クリニック千里Web予約ページに、インフルエンザワクチン接種の予約枠が表示されるまでお待ちください。
当院Web予約ページからLINEの当院公式アカウントの友だち追加していただければ、予約再開時にお知らせ致します。
尚、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

2021.10.11

インフルエンザワクチン接種について

本年度のインフルエンザワクチン接種の予約を10月12日(火)から、接種を10月18日(月)から開始します。
Web予約可能です。「初診」や「再診」ではなく、インフルエンザワクチン接種の項目をご選択ください。
時間は、「午前」、「午後」を選択ください。それぞれ午前診、午後診の受付時間内にいつでもお越しください。(午前は11:30、午後は18:00最終受付)
診察のみのご予約をとられても、接種はできません。
本年度の料金は、以下のようになります。

豊中市在住、65歳以上定期接種の方:無料(※1)
大人(13才以上):3600円(3密解消協力割(※2)適用で3300円)
小児(3才以上13才未満※3):3300円(3密解消協力割(※2)適用で3000円)
※1 60歳以上で身障手帳お持ちなど条件を満たす方も対象となります。詳細は豊中市に問い合わせ下さい。
※2 事前に、Web問診表に記載の上ご来院の方(ご来院後の記入は適用外です)のみ、3密解消協力割となります。
Web問診は前日18時以降に記入可能です。
※3 当院では、小児は3才以上のみ接種可能です。

2021.08.09

新型コロナワクチン接種

・現在、新型コロナワクチン接種のご予約は、豊中市の予約システム(LINE、Web 、とよなかワクチンダイヤル)のみで受け付けております。※当院の診察予約を取られても、コロナワクチン接種は受けられません。
・ご予約に関して、クリニックへの電話での問い合わせはご遠慮ください。体調不良等による当日キャンセルのみ受け付けます。
・当院では、発熱した際に使用する解熱鎮痛薬の処方や無償提供などは行っておりません。近隣の薬局等でご購入ください。

2021.08.09

夏季休暇

ご検索ありがとうございます。当院の夏季休暇は、8/12(木)から8/15(日)までです。8/10(火)、8/11(水)は通常通り診療を行います。また、8/16(月)から通常診療を行います。
尚、当院は予約制ですので、ご予約の上でご来院ください。

2021.06.23

しきな鼻クリニック千里のホームページを公開しました。

ホームページを公開しました。
しきな鼻クリニック千里の情報を発信してまいります。

2021.05.25

新型コロナワクチン接種の予約を再開しました

本日5/25(火)午後より、新型コロナワクチン接種の御予約を再開いたします。

対象は、豊中市から接種券もしくは接種許可証が配布された65才以上の方です。

5/26現在、直近で6/14(月)の御予約がお取りいただけます。

2021.04.15

医療従事者向け新型コロナワクチン接種について

当院における医療従事者向け新型コロナワクチン接種についての注意事項をお知らせします。

  1. 予診票及び、新型コロナワクチン接種記録書、本人確認書類(できれば保険証)のご持参をお願いします。
  2. 当日は、肩を肩峰までしっかり出しやすい服装で起こし下さい。
  3. 10階フロアの混雑を避けるため、ご予約時間の15分以上前にはお越しにならないよう、ご協力ください。
    • 早めにご到着された場合、ビル1階アトリウム、近隣の店舗や公共スペース等でお待ちください。
  4. 万が一、アナフィラキシーを疑う症状が出た場合には、アドレナリン投与や点滴ルート確保等の医療行為を行う場合がありますが、コロナワクチン接種時間帯には、会計スタッフが不在のため、後日清算となります。(後日、市町村からの補償が受けられますが、治療費は、一旦当院にお支払いいただきます。)
  5. 解熱鎮痛剤等のワクチンの副作用予防の投薬(処方箋発行)はできませんので、ご了承ください。
2021.02.04

重症スギ花粉症に対する抗体薬治療

当院では、重症花粉症の方にも高い効果が期待できる抗体医薬(ゾレア)による治療を行っています。

抗体医薬(抗IgE抗体)は、花粉症に対する強い効果が期待できます。しかし、薬剤費が高額であることから、患者さんご本人の窓口での負担が大きいだけでなく国民医療費への負担も大きくなるため、国により定められた保険診療上の制限があります。また、検査値や体重によっては治療を受けられない場合もあります。そのため、希望すれば誰にでもすぐに投与できるわけではありません。※治療費は、ご加入の健康保険の種類や、お勤め先の健康保険組合独自の給付(付加金)の有無によってもことなりますので、詳しくはクリニックまたは勤め先にご相談ください。

ゾレアによる治療を希望される場合は、以下の注意点をご確認ください。

昨年度の治療内容が十分(内服薬だけでなく、ステロイド鼻噴霧薬を使用していたことが必要)で、にもかかわらず、症状が改善されず重症であったことが必要です。その際、昨年の処方内容(薬剤名、投与量)を紹介状またはお薬手帳で確認する必要があります。(正確な薬剤名、投与量が確認できない場合、治療を受けられません。)

これまでにアレルギー検査を受けたことがあっても、再検査が必要です(通常2回の採血が必要です)。

1、スギ花粉抗原に対する特異的IgE抗体の値が、クラス3以上であることの確認の検査(初回受診時)

2、投与量の決定のための、血清中総IgE濃度の採血検査。(本シーズン(今年)の1週間以上の抗アレルギー薬、点鼻薬の治療後に効果不十分であることが確認された2度目以降の診察時)

また、血清中総IgE濃度と体重が規定内であることが、投与の要件になります。これは、血清中総IgE濃度が高すぎる、または体重が多いと、注射したゾレアで体内にあるIgE抗体をブロックすることができないためです。通常4週間おきの注射ですが、血清中総IgE濃度が高い、もしくは体重が多い場合には、2週に1度の注射が必要になることがあります。

上記の採血やその結果から、治療の規定内にあり、かつ治療が適切であると診断されましたら、診断結果と投与量、治療費の概算をお電話にてお知らせします(電話等再診料がかかります)。治療を希望された場合は、クリニックで検査値と体重に応じた注射剤(ゾレア)の注文を行います。注射剤がクリニックに届く2,3日後にご来院いただき注射薬の投与を行います。(3度目以降の受診時。点滴ではなく皮下注射ですので、ワクチン接種等と同様で投与に時間はかかりません。)