しきな鼻クリニック千里

しきな鼻クリニック千里

MENU
WEB予約
WEB問診

アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎

Medical

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、体に入った異物(アレルゲン)に対して、体がそれを排除しようと過剰な反応を起こし、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどを生じる病気です。アレルゲンには花粉、ほこり、ダニ、動物の毛などさまざまなものがあり、花粉症もアレルギー性鼻炎の一つと言えます。

異物(アレルゲン)が体内に入ったときに、それを排除しようとする生体の防衛反応がアレルギー反応です。たびたびアレルゲンが入ると、抗体が体の中で作られ、再びアレルゲンが入ったときに抗体がそれを攻撃し、アレルギー反応となってくしゃみや鼻水などのさまざまな症状が出ます。

主な症状としては、

  • 花粉症では、くしゃみ、鼻水、鼻づまり以外に、目や皮膚のかゆみや頭痛も起こったりします。
  • ダニやほこりなどの通年性アレルギーでは、1年を通してくしゃみや鼻水、鼻づまりなどが起こります。

診断では鼻の粘膜の状態を調べた後に、採血して血中の抗体の種類を見たり、さまざまな抗原に対する反応を調べたりします。
治療は症状を引き起こす化学物質ヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン剤(抗アレルギー剤)を用いたり、ステロイド剤を用いますが、ステロイド剤は、様々な副作用を起こしにくくするために局所(点鼻)投与します。また、アレルゲン免疫治療と呼ばれる、スギ花粉やダニ抗原を舌下投与してアレルギー体質を改善する治療が行われることがあります。また、上記の症状でも改善が得られない重症の場合、花粉症に対しては、抗体製剤(バイオ製剤)の注射による治療も行います。また、鼻粘膜の腫脹(肥厚)が強い場合や鼻中隔弯曲を合併する場合には、手術治療が選択される場合もあります。

当院では、日帰りのコブレーター下鼻甲介手術や、短期入院による鼻中隔矯正術、後鼻神経切断術を行っています。くわしくは「鼻の手術」をご覧ください。

日常生活の中では、下記のことに気をつけてください。

  • アレルギーの原因となる抗原を調べ、それらを身の回りから除去する。
  • 鼻やのどを乾燥させないようにうがいをしたり、加湿器をつけるなどする。
  • 中耳炎を起こさないように鼻水を強くかみ過ぎないようにする。

副鼻腔炎、鼻副鼻腔炎
(以前は蓄膿症、ちくのう症と呼ばれていました)

副鼻腔炎は、鼻の奥の副鼻腔という空洞に慢性的に炎症がおこったり、膿が溜まってしまっている状態のことを言います。

副鼻腔炎は多くの場合、かぜとともに発症します。かぜに感染して身体の機能が弱まっているときに、細菌やウイルスが副鼻腔にも広がっていき、膿が根付いてしまいます。また、鼻炎持ちの人は蓄膿症になりやすいと言われています。その他、鼻や副鼻腔の腫瘍が原因となって二次的に副鼻腔炎が起こっている場合や、歯の根っこの炎症が原因で生じる歯性副鼻腔炎、飛行機に乗った際、主に高度が下がる際に顔の激しい痛みを生じる航空性副鼻腔炎などもあります。

 

急性副鼻腔炎

かぜを引いた後になることが多く、アレルギー性鼻炎の方もなりやすい病気です。お子さんや、小さいお子さんの保護者もかかりやすいことが知られています。ごく稀に、副鼻腔炎の炎症が目や脳におよび、視力の低下や意識障害の原因になることもあるため注意が必要です。

主な症状
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 顔の痛み
  • ほおの圧迫感
  • 悪臭を感じる
  • 咳や痰が出る
  • 鼻水が黄色や緑色になる
  • 嗅覚障害

小児副鼻腔炎

小児副鼻腔炎とは、お子さんがかかる副鼻腔炎のことをいいます。鼻が通らなくなり、口呼吸になってしまうことにより、睡眠時にいびきをかいたりして眠りが浅くなり、記憶力・注意力が低下することがあります。アデノイドが大きいことが原因となることが多いです。お子さんがいつも口を開けたままであったり、息が生臭いなと感じたらご注意ください。

急性副鼻腔炎の治療法

副鼻腔という鼻の奥深くまで膿があるため、器械による鼻水の吸い出し、ネブライザー治療、内服薬を飲むなどの治療を組み合わせます。これらの方法で症状が良くならず、重症化した場合や、何度も繰り返して日常生活や仕事等に支障のある場合は、外科手術を行う場合もあります。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

急性の副鼻腔炎が長引き、慢性化したものを慢性副鼻腔炎(蓄膿症)といいます。長年の炎症のため、鼻茸(鼻たけ、鼻ポリープ)が生じると、副鼻腔からの膿が排出できなくなってしまい、慢性の副鼻腔炎になりやすくなります。慢性副鼻腔炎にかかると、鼻が詰まり息がしづらくなったり、膿のにおいが鼻に回ることで嫌なにおいを感じたり、頭痛や目の痛みや頬部痛、上の歯の痛み、浮く感覚もおきます。膿がたまったままであればあるほど、完治までの時間がより長くかかってしまいます。近年は、好酸球性副鼻腔炎と呼ばれる、慢性副鼻腔炎が増加しています。気管支喘息を合併する方に多く、初期から嗅覚障害(匂いがわからなくなる)が生じ、後から鼻づまりなどの症状が出てきます。好酸球性副鼻腔炎については、次の段落で詳しく説明します。

主な症状
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 悪臭を感じる
  • 咳や痰が出る
  • 鼻水が黄色や緑色になる
  • 嗅覚障害

好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎ってどんな病気?

慢性副鼻腔炎の一つで、鼻ポリープを伴います。初期には嗅覚の低下はあるものの、ポリープが目立たないこともあります。一般的に手術が有効な慢性副鼻腔炎の中で、手術後に再発する症例を詳しく研究している中から2001年に当時、東京慈恵会医科大学の春名先生らのグループが好酸球性副鼻腔炎と名付けて発表しました。2015年には指定難病に追加されています(難病情報センターの「好酸球性副鼻腔炎」のページはこちら)。

「好酸球性」とは、手術時に摘出されたこの疾患の患者さんの鼻ポリープの中に、一般的な副鼻腔炎の鼻ポリープよりも多くの「好酸球」という白血球が含まれることから由来しています。

好酸球性副鼻腔炎の症状は?

初期には、花や香水の香り、みそ汁の風味、コーヒーの香りがしないなど、匂い(嗅覚)の低下があらわれます。その後、鼻ポリープ(鼻茸「はなたけ」とも呼ばれます)が大きくなってくると、ネバネバで色(黄色、緑など)のついた鼻水や、これが咽におりてくる後鼻漏(こうびろう)、鼻づまり、いびき、さらには睡眠障害が出現します。

また、成人発症型の気管支喘息や咳喘息を併発する方が多いですので、夜間や早朝の咳が主な症状の方がおられます。そのため、比較的長期間の喘息(難治性、重症の方も多いです)の治療中に、嗅覚障害や鼻づまり、後鼻漏が出現してきて、耳鼻咽喉科を受診して診断につながることがよくみられます。

アスピリン喘息(現在は、NERDとも呼ばれます)といって、気管支喘息、鼻ポリープ、アスピリン過敏の3つの症状が特徴の患者さんにみられる副鼻腔炎は、典型的な好酸球性副鼻腔炎とされます。アスピリン過敏は、アスピリン不耐ともよばれ、アスピリンだけではなく、バファリン、ロキソニンなどの頭痛薬、腰痛の湿布薬などに含まれるNSAIDsと呼ばれる非ステロイド性鎮痛消炎剤を服用・貼付後に呼吸困難などのアナフィラキシー様症状が出現することをいいます。

好酸球性副鼻腔炎の治療は?

軽症の方には、長期継続が可能で、副作用もほぼ気にならない局所ステロイド噴霧薬の処方や鼻洗浄を行っていただきます。嗅覚の低下が強い場合には、1ヶ月以内を目安にステロイド点鼻薬(目薬のような容器のもの)を併用します。さらに、鼻ポリープが大きくなり点鼻薬を用いても嗅覚低下が改善できない場合には、経口ステロイド内服薬(プレドニン、セレスタミン等)を1、2週間処方することがあります。

上記の治療をおこなっても嗅覚低下や鼻づまり、睡眠障害が改善できない場合には、手術治療が選択されます。

当院では、好酸球性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術は、提携病院における最短2泊3日の短期入院で行っております。詳しくは、鼻手術についてをご参照ください。

好酸球性副鼻腔炎は治りますか?

手術時のポリープの病理検査によって、好酸球性副鼻腔炎と確定診断されても、手術後の経過が非常によく、ほぼ無治療で経過される方もおられます。また、吸入ステロイド薬を使用しても喘息発作が治らないなど、重症の気管支喘息が長年改善しなかった方が、好酸球性副鼻腔炎の手術後、喘息発作がおこらなくなることもよくあります。

しかし、気管支喘息は体質的な病気であり、短期間の治療で治ってしまうことは稀です。また、好酸球性副鼻腔炎の患者さんは手術後5年で半分以上の方に再手術が必要になったという大規模調査の結果もあります。好酸球性副鼻腔炎は、短期間の治療や手術で改善するものではなく、長く付き合っていかなければならないことのほうが多い疾患と言えます。

手術後の鼻ポリープの再発については、手術の方法により再発までの期間が短くなってしまうことが報告されております。好酸球性副鼻腔炎治療の経験が豊富な専門家による手術をお勧めします。

トピックス:好酸球性副鼻腔炎手術後の再発に対する治療
  • 好酸球性副鼻腔手術後の再発に対する治療として、バイオ製剤による治療が、2020年から保険適応となりました。2〜4週間に一度、バイオ製剤の注射を行います。ご自身で管理可能と認められる方の場合、一定期間の医療機関での治療後、在宅自己注射に移行することも認められています。
  • 尚、保険診療上、一度も手術を受けていない方へのバイオ製剤の治療は、基本的には認められておりません。
  • バイオ製剤は高額となっているため、難病認定を行って公費による助成を受けながら治療を受けることが多くなります。
  • 当院の院長は難病治療の経験が豊富にあり、また当院は難病指定医療機関となっているため、難病の認定や助成の手続きから、難病医療の継続までトータルにサポートすることが可能です。
  • 但し、この治療を希望されても、鼻ポリープの状態など定められた要件を満たす必要があるため、治療を受けられない場合があります。詳しくは当院を受診の上、ご相談ください。

MEDICAL LIST

診療案内