しきな鼻クリニック千里

しきな鼻クリニック千里

MENU
WEB予約
WEB問診

その他疾患(耳・喉)

Medical

耳の病気

毎年、風邪の時期になると、とても多い耳の病気として急性中耳炎があります。特にお子さんに多い耳の病気ですが、鼻風邪として治療を行っていてもなかなか治らず、実は急性中耳炎を罹患していたという症例も多くあります。さらに最近では通年性のアレルギー性疾患(通年性のアレルギー性鼻炎等)が増え、鼻炎が原因で耳の病気を併発することもあります。しっかりと治療しないと慢性中耳炎や滲出性中耳炎を起こし、場合によっては難聴の原因になることもあるので注意が必要です。

急性中耳炎

耳の痛み、発熱等がみられる疾患ですべての年代で起こりますが幼少期の代表的な感染病です。中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通じて中耳へ感染を起こすと言われており、鼻炎、副鼻腔炎が誘因となることが多くなります。

滲出性中耳炎

耳の痛み、発熱等を伴わず進行し難聴が出現することが多い疾患です。中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通して行われる滲出液の排泄等が障害を起こし、中耳腔に滲出液がたまることで起こります。小児では、アデノイド増殖症との関連が多いです。

慢性中耳炎

鼓膜に穿孔がある状態で中耳に感染を起こしやすく、耳漏を繰り返しやすい疾患です。病歴の長いものは中耳の耳小骨や鼓膜の可動性も悪くなっているものもあります。

喉の病気

のどの調子が悪くなったとき、耳鼻咽喉科と内科のどちらにかかれば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?痛みや咳などののどの症状は、鼻の症状と関係していることもよくあります。咽の調子が悪いなと感じたら、のどと鼻の専門家である耳鼻咽喉科の受診をお勧めいたします。

慢性扁桃炎

扁桃腺の慢性的な感染状態であり、年4回程度以上で38度以上の熱発を伴う場合、手術適応となります。口蓋扁桃を摘出することで改善することもありますので専門医の受診をおすすめします。

MEDICAL LIST

診療案内