しきな鼻クリニック千里

しきな鼻クリニック千里

MENU
WEB予約
WEB問診

重症スギ花粉症に対する抗体薬治療

当院では、重症花粉症の方にも高い効果が期待できる抗体医薬(ゾレア)による治療を行っています。

抗体医薬(抗IgE抗体)は、花粉症に対する強い効果が期待できます。しかし、薬剤費が高額であることから、患者さんご本人の窓口での負担が大きいだけでなく国民医療費への負担も大きくなるため、国により定められた保険診療上の制限があります。また、検査値や体重によっては治療を受けられない場合もあります。そのため、希望すれば誰にでもすぐに投与できるわけではありません。※治療費は、ご加入の健康保険の種類や、お勤め先の健康保険組合独自の給付(付加金)の有無によってもことなりますので、詳しくはクリニックまたは勤め先にご相談ください。

ゾレアによる治療を希望される場合は、以下の注意点をご確認ください。

昨年度の治療内容が十分(内服薬だけでなく、ステロイド鼻噴霧薬を使用していたことが必要)で、にもかかわらず、症状が改善されず重症であったことが必要です。その際、昨年の処方内容(薬剤名、投与量)を紹介状またはお薬手帳で確認する必要があります。(正確な薬剤名、投与量が確認できない場合、治療を受けられません。)

これまでにアレルギー検査を受けたことがあっても、再検査が必要です(通常2回の採血が必要です)。

1、スギ花粉抗原に対する特異的IgE抗体の値が、クラス3以上であることの確認の検査(初回受診時)

2、投与量の決定のための、血清中総IgE濃度の採血検査。(本シーズン(今年)の1週間以上の抗アレルギー薬、点鼻薬の治療後に効果不十分であることが確認された2度目以降の診察時)

また、血清中総IgE濃度と体重が規定内であることが、投与の要件になります。これは、血清中総IgE濃度が高すぎる、または体重が多いと、注射したゾレアで体内にあるIgE抗体をブロックすることができないためです。通常4週間おきの注射ですが、血清中総IgE濃度が高い、もしくは体重が多い場合には、2週に1度の注射が必要になることがあります。

上記の採血やその結果から、治療の規定内にあり、かつ治療が適切であると診断されましたら、診断結果と投与量、治療費の概算をお電話にてお知らせします(電話等再診料がかかります)。治療を希望された場合は、クリニックで検査値と体重に応じた注射剤(ゾレア)の注文を行います。注射剤がクリニックに届く2,3日後にご来院いただき注射薬の投与を行います。(3度目以降の受診時。点滴ではなく皮下注射ですので、ワクチン接種等と同様で投与に時間はかかりません。)

MEDICAL LIST

診療案内